◇134.高齢者円滑入居賃貸住宅◇ 

 民間賃貸住宅市場において、家賃の不払い、病気、事故等についての貸主の不安感から、高齢者が入居を拒否される場合があります。
 このため、高齢であることを理由に入居を拒否することのない賃貸住宅をその貸主が登録し、その情報を広く提供する仕組みとして設けられた制度です。
 指定登録機関に賃貸住宅を登録すると、家賃債務保証制度を利用できます。

mame1134[1]

 この制度を併用することで、連帯保証人が見つかりやすくなります。これにより賃貸住宅経営をより万全なものとすることができます。
 詳しくは(財)富山建築住宅センターへお尋ねください。

 

宅地建物取引主任者   岸  進