FC2ブログ

◇165.保証人不要?家賃保証代行会社について 

最近、ニュース等でも話題になる家賃保証代行会社とはどのような会社なのか?通常アパートやマンションを借りる場合には保証人(連帯保証人)が必要です。お部屋を借りる際の保証人となると、ほとんどがご両親やご兄弟等の身内の方だと思いますが、たとえば両親は定年して年金暮らし、兄弟にも頼みづらい、また、家庭の事情で親族がいない、外国籍の方、などの理由から保証人の設定が出来ない場合、この保証人をお金を払って代わりになってくれるのが家賃保証代行会社です。保証会社に加入すると万が一、家賃が遅れた場合でも保証会社が代わりに家主や不動産業者へ支払います。(お客様は保証会社へ家賃を支払います)
保証会社への加入は事前に審査がございます。審査については申込書の記入と必要書類の準備が必要です。お申し込みの対象は、会社員・アルバイトの方、年金受給をしている方、生活保護の方、留学生・外国籍の方、等々ございます。審査が通りましたら、家賃1ヵ月分の約40~50%の保証料金(2年分)を支払います。(※保証会社により保証料金の違いがございます)
最近は、さまざまな理由から保証会社を利用されるお客様が増えてきております。また、家主や不動産業者によっては、保証会社の加入を義務付けているところもございます。当社にても、アパート、マンションのご入居の際の保証会社の斡旋をしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
宅地建物取引主任者   堀 大吾