◇213.「これから内見をお考えの方へ」 

中古住宅の売り出し方には大きく分けて3つあります。
■弊社が買い取ってリフォーム・ハウスクリーニングをして販売しているもの

売り出し期間中オープンハウスを開催するほか、開催期間外でもすぐご案内できます。照明も点きますので、天気の悪い日や夕方の暗い時間帯でも内見できます。

■お客様からご依頼を受けて販売しているもの
    ◇空家になっている場合
      電気を停めている場合が多いので、暗い時間帯に見学をされたい場合は注意が必要です。
      鍵をお預かりしている場合はすぐにご案内できますが、鍵をお借りしなければならなかったり、所有者の方に開けてもらう必要がある場合は少しお時間をいただくことがあります。
      また、居住されていなくても家財道具が置いてある場合があります。物件個別の販売条件によって違いますが、ご契約後お引渡しまでの間で撤去することが多いです。

   ◇居住中の場合
      生活しておられますので、在宅や所有者さんのご都合もありますので、前もって日時を打ち合わせた上で内見することになります。
      家財道具があり、細かいところ(タンスの後ろや押入れの中など)まで確認することはできませんが、現在の建物や設備の状態、生活環境、町内のことなど実際生活している方から直接話を聞くことができます。
      引越しは次の住み替える場所の準備が整い次第(新築など)される場合や、ご契約後お引渡しまでの間にされる場合があります。

 内見には日時、時間に余裕をもってご予約くだされば幸いです。

宅地建物取引士  中村 麻子