FC2ブログ

◇203.河川保全区域について 


 河川法(以下、「法」と略す)の対象となる河川(1級河川及び2級河川ならびにこれらの河川以外の河川で市町村長が指定したものを含む)の河川区域に隣接する一定の区域について、河川保全区域が指定されている場合があります。
 この河川保全区域は、河岸又は河川管理施設(堤防や護岸、水門等)を保全するために必要があると認めるとき、河川管理者が指定するもので、原則として、河川区域の境界から50mを超えて指定してはならないとされています(法54条)。
 河川保全区域内において次のような行為をしようとする者は、原則として河川管理者の許可を受けなければなりません(法55条1項)。

① 土地の掘削、盛土又は切土その他土地の形状を変更する行為
② 工作物の新築又は改築

 堤防に隣接する土地などは、河川保全区域に指定されている可能性もありますので、当該土地において上記①、②に該当する行為を行う場合には、河川管理者(富山河川国道事務所や富山県土木センターなどの担当課)に河川保全区域の指定の有無を確認し、指定されていれば、事前の許可申請が必要となります。

宅地建物取引士  小田 裕之

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyamafd.blog81.fc2.com/tb.php/108-7e40bf13