FC2ブログ

◇226.「リフォーム」と「リノベーション」はどう違う?◇ 

 最近「リノベーション」いう言葉をよく耳にするかと思いますが、これまでの「リフォーム」と何が違うのか、どういう意味なのかを出来るだけ簡単に説明したいと思います。

 古くなった住まいを直す時などによく「我が家もそろそろリフォームしようか!」などと使われますが、これは新築の時のような綺麗な状態に戻す工事をイメージするかと思います。

 リフォーム=Reformという単語を分解すると「Re+Fome」となり、「元の形に戻す」という意味になります。
 
 それではリノベーションという言葉はどういう意味なのか?

 リノベーション=Renovationという単語を分解すると「Re+Innovation」となります。このInnovationという意味は辞書などで調べると「革新」や「刷新」、「新しく採り入れた」などと書いてあります。

 今までのリフォームとは古くなった部屋の畳や襖を張り替えたり、床のフローリングを張り替えたりして間取りなどはそのままで新しい状態に戻す工事。

 リノベーションとなると、例えば6帖の台所と隣の和室の二間続きの12帖を取り壊し、まとめて18帖のLDKにやり替える工事、その際には配管設備やキッチンなども入れ替えることを想定しています。これまで以上に住まいの機能や価値が上がる改修工事になります。
 
 当社でも、お客様のニーズに合わせてリフォーム、リノベーションのご提案をしております。お見積りだけでも大丈夫ですので、お気軽にご相談ください。

  宅地建物取引士 堀 大吾

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toyamafd.blog81.fc2.com/tb.php/131-d94242b3